【HUAWEI novaレビュー】スペックや価格、nova liteと何が違うの?他機種との比較も

huawei_nova

コスパ抜群と話題の格安スマホ「HUAWEI nova」を徹底レビュー!

格安SIMを提供するMVNOの登場で、最近特に利用者が増えているSIMロックフリーのスマートフォン(SIMフリースマホ)。
現在SIMフリースマホは海外製の機種が主流ですが、中でも日本では「Huawei(ファーウェイ)」のスマホが大人気となっています。

そんなHuaweiから、新しい格安スマホが登場しました。

2017年2月24日に新発売された「HUAWEI nova(ファーウェイ ノバ)」は、コストパフォーマンスに優れたミドル~ハイスペッククラスのスマホ端末。

同時期に発売の「HUAWEI nova lite(ファーウェイ ノバ ライト)」も、すでに大人気機種となっていますが、今回は上位機種であるHUAWEI novaがおすすめな理由を、スペック・機能・価格面などから比較検証レビューします。

HUAWEI novaはどんな人におすすめ?

HUAWEI novaは、5インチのコンパクトな画面サイズで持ちやすく、カメラには豊富なビューティーモード機能があることから、女性に大人気のスマートフォンです。

◎コスパと性能のバランスが良いスマホが欲しい
◎自撮りをすることが多い
◎2枚のSIMカードを同時に使いたい
◎ストレスのない指紋認証がいい
◎片手操作のラクなサイズがいい
◎デザイン性も重視したい
◎それほどハイスペックには拘らない
◎持ってて恥ずかしくないスマホがいい

HUAWEI novaは、初めてスマホを購入する方、自撮りが好きな方、それほどヘビーな使い方をしない方におすすめな、ハイスペック&ハイコストパフォーマンス端末です。

HUAWEI novaの主な特徴は?

HUAWEI novaは、高性能CPUと3GBメモリの組み合わせにより、ミドルクラスの中でも優れた快適動作を実現したモデルです。

カメラ性能は画素数こそ控えめですが、レンズ性能や高速オートフォーカスにより、申し分なく綺麗な写真が手軽に撮れます。

特筆すべきは自撮り用のビューティーモードで、国際的なメイクアップ・アーティストとのコラボにより、指1本で美しいセルフィー写真を撮影できます。

手に持ちやすいサイズと形状で、女性には特におすすめの格安スマホです。

その他にも、HUAWEI novaにはこんな機能面の大きな特徴があります。

・TypeCのUSBコネクタ採用で「充電時にどちら向きでも挿せる」
・TypeCにより「急速充電」に対応
・ポケモンGOのAR表示に対応する「ジャイロセンサー搭載」
・瞬時にロック解除&指紋操作もできる「3D指紋センサー」
・2つのSIMで同時待ち受けできる「DSDS対応」
・超高解像度な「4K動画」が撮影できる
・テザリングにも対応
・Bluetooth4.1対応

HUAWEI novaの特徴詳細

▼デザインの特徴

・2.5Dガラス採用
・丸みのあるメタルボディで上質なデザイン
・わずか7.1㎜の薄さ&146g軽量スリム
・コンパクトでホールド感がバツグン、女性でも持ちやすい
・ディスプレイは5型フルHD液晶(1920×1080ドット)を装備
・画面占有率76%の狭額縁で無駄のないコンパクト設計

▼カメラの特徴

<背面カメラ>
・2つのハイブリッド・オートフォーカス搭載で瞬時にピント合わせ
・簡単に鮮やかな写真撮影ができる背面1200万画素カメラ
・F2.2の明るいレンズと広いセンサーエリアで夜間撮影が得意
・1.25μmの大型ピクセルサイズで高コントラストの綺麗な写真撮影
・レンズコーティングによりフレアやゴースト反射の少ない撮影が可能に
・超高画質な4K動画撮影に対応
<前面カメラ>
・美しいセルフィーが撮れる開口部F2.0&800万画素フロントカメラ搭載
・指紋センサーの長押しで片手撮影
・一流メークアップアーティストとのコラボによるビューティーモード
・ビィーティー・スキン3.0、ビューティー・メークアップ2.0を搭載
・眉メイク、チーク、リップグロス効果で自撮りをもっと美しく
・8種類のテンプレートとリアルタイムプレビュー機能
・スキンソフトウェアによる機能拡張
・肌のトーンや目の大きさなど微調整が可能に

▼端末性能面の特徴

・大容量バッテリー搭載で通常2日間持続
・高性能プロセッサーでサクサクと軽快動作
・3D指紋センサーで高速ロック解除
・デュアルSIMによりLTEと3G回線の同時待ち受けが可能

HUAWEI novaの基本スペックは?

HUAWEI novaにはAndroid6.0が搭載されていますが、2017年4月からAndroid7.0へのアップデートが開始されました。

最新のAndroid7.0には、複数のアプリを同時に表示するマルチウィンドウ機能など、スマホを便利にする様々な機能が搭載されています。

以下、HUAWEI novaのスペック情報です。

▼基本スペック

【製品型番】HUAWEI nova CANNES-L12
【対応キャリア】SIMフリー
【OS】Android6.0 Marshmallow/EMUI4.1
※Android7.0 Nougat/EMUI5.0へアップデート対応済
【CPU】Qualcomm Snapdragon 625
【CPUコア数】オクタコア
【内蔵メモリ】RAM:3GB ROM:32GB
【インターフェース】USB Type-C
【外部メモリタイプ】microSDXCメモリーカード
【外部メモリ最大容量】128GB
【バッテリー容量】3020mAh(急速充電5V/2A対応)

▼画面スペック

【画面サイズ】5インチ
【画面解像度】1920×1080(フルHD画質)
【パネル種類】IPS液晶

▼通信スペック

【Bluetooth】Bluetooth 4.1 BLE
【テザリング】○対応
【LTE】○あり
【下り(受信時)データ通信速度】LTE:最大225Mbps
【上り(送信時)データ通信速度】LTE:最大50Mbps
【無線LAN規格】Wi-Fi 802.11 b/g/n

【対応バンド】
FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/28(au VoLTE対応済み)
TDD LTE:B38/40
LTE CA DL (国内) : B1+B19(B1+B18対応予定)
WCDMA: B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz

※ドコモ(DOCOMO)のFOMAプラスエリア・LTEプラチナバンド対応
※auのLTEプラチナバンド対応
※au・au系の格安SIMで通話可能

▼カメラスペック

【背面カメラ画素数】1200万画素(1.25μmピクセル/開口部F2.2/像面位相差+コントラストAF/HDRフラッシュ/4K@30fps動画撮影)
【前面カメラ画素数】 800万画素(開口部F2.0/FF)
【4K撮影対応】4K動画撮影に対応

▼センサー機能

【GPS機能】○あり
【認証機能】指紋認証
【センサー】加速度/ジャイロ/コンパス/HALL/環境光/近接

▼SIMカード関連スペック

【デュアルSIM】デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS対応)
【SIMカードサイズ】nano-SIM(ナノシム)

▼本体サイズ・重量・カラー

【幅x高さx厚み】幅:69.1mm 高さ:141.2mm 厚み:7.1mm
【重量】146g
【カラー】ミスティックシルバー/チタニウムグレー/ローズゴールド

▼付属品

Type-C USBケーブル・ACアダプタ・リモコン付きヘッドセット(イヤホン)・クリアケース・SIM取り出しピン・クイックスタートガイド・保証書

▼価格

定価:37,980円

▼主な販売MVNO

・BIGLOBE SIM
・DMMモバイル
・IIJmio
・マイネオ(mineo)
・NifMo
・OCNモバイルONE
・エキサイトモバイル
・楽天モバイル
・イオンモバイル
などなど

HUAWEI nova & HUAWEI nova liteの比較

価格の安さが魅力的な「HUAWEI nova lite」と、上位版の「HUAWEI nova」を比較し、それぞれの性能・機能の差を調査しました。

novaが優れている9つのポイント

nova liteと比較し、novaが優れている主な特徴は以下の9ヵ所です。

1.画面サイズが若干小さく軽量コンパクト
2.より高性能なCPUで動作速度アップ
3.ROM容量が倍増
4.急速充電対応
5.カメラ機能が豊富
6.より高速なモバイル通信
7.au VoLTEに対応
8.ポケモンGOに最適なジャイロセンサー
9.付属イヤホンが豪華に

novaとnova lite、スペックの違い10ポイント

以下は、HUAWEI novaとNOVA LITEの相違部分だけを抽出したデータです。

nova lite nova
画面サイズ 5.2インチ 5.0インチ
CPU Huawei Kirin655 Snapdragon625
ROM容量 16GB 32GB
バッテリー 3,000mAh 3,020mAh/急速充電
入出力端子 microUSB TypeB USB TypeC
背面カメラ AF/BSI 1.25μmピクセル/
像面位相差AF/
コントラストAF/
HDRフラッシュ/
4K@30fps動画撮影
通信速度 下り最大150Mbps 下り最大225Mbps
通信方式 au VoLTE未対応 au VoLTE対応
センサー センサー5種 センサー7種
(+ジャイロ/HALL)
付属品 マイク付イヤホン リモコン付きヘッドセット

HUAWEI novaのベンチマーク結果

HUAWEI novaに搭載されているSnapdragon625チップの性能は、ベンチマークテストという性能評価テストで大まかに知ることができます。

Snapdragon625のベンチマークスコアは以下のとおり。

【HUAWEI nova ベンチマークスコア(Antutu ver.6)】
平均スコア:64000

nova lite/ZenFone3とのスコア比較

HUAWEI nova LITEに搭載されているKirin655のベンチマークスコアと比較してみると、8,000点ほど差があります。

【HUAWEI nova LITE ベンチマークスコア(Antutu ver.6)】
平均スコア:56000

HUAWEI novaのライバル機種として、価格の近いZenFone3(ZE520KL)と比較しても、NOVAの方が4,000点ほど上回っています。

【ZenFone3 ベンチマークスコア(Antutu ver.6)】
平均スコア:60000

HUWAI NOVAの端末性能はミドルクラス端末の中でもトップクラスです。

iphone7のような超ハイスペック機には敵いませんが、価格5万円クラスのハイスペック端末にも劣らない動作スピードで、実用的には全く支障ないレベルと言えます。

HUAWEI novaのレビューと評判は?

HUAWEI novaの購入者から寄せられた口コミによるレビューを調査しました。

良い口コミ・悪い口コミに関わらず、参考になりそうなポイントをまとめたので、購入検討の判断材料としてご参考ください。

<デザイン・携帯性に関するレビュー>

【軽くて持ちやすい。カメラ部分がブラックで渋い】

【メタルボディで高級感あり。Zenfoneのような安っぽさがない】

【前面のデザインはiphoneそっくり。背面はNovaの方が好み】

【電源ボタンの赤いアクセントが可愛い】

【ローズゴールドが大人っぽくて女性におすすめ】

【5インチなので片手操作がラク。画面サイズはこのくらいで丁度いい】

【薄いし小さいので手帳型ケースに入れても嵩張らない】

デザインや携帯性については高評価が多く、適度なサイズ感・軽さ・薄さ、そしてシンプルな外観に魅力を感じている方が多いようです。

<操作性に関するレビュー>

【2年前のスマホに比べたら夢のような速さ。操作性も特に不満なし】

【重いゲームは流石にカクカクすることも。動画や通常利用は問題なし】

【以前使用していたスマホとボタン位置が違い、慣れるまで戸惑った】

【この価格でこのスペックなら文句なしです。指紋認証がとにかく早い】

【GPSの反応が良い。フリック感度の悪さは設定で解消できた】

【戻るボタンの配置を設定で変えられるのは便利】

【これで3万円台なら言うことなしの大満足。バカ高いiphoneには戻れない】

【メール・LINE・Chromeなど日常利用でフリーズしたことがないし速い】

HUAWEI novaは低価格でも高スペックCPUを搭載し、メモリも3GBなのでサクサク動きます。2~3年前のフラッグシップ機よりも動作速度が速く、買換えで驚く方も少なくありません。

<画面表示・EMUIメニューに関するレビュー>

【この画面サイズでフルHDだともの凄くキレイに感じます。発色も良いです】

【ファーウェイ端末の魅力と言えば、痒い所に手が届く設定画面】

【通知の開閉・シャッター・着信・アラーム停止など指紋操作が便利】

【キャリアで買うスマホと違い、余計なアプリが殆ど入って無いのが嬉しい】

【HUAWEIのUIはとても使いやすく、一度使うと他メーカーには行きづらい】

【タップ操作・スクロールなど、止まることなくサクサク動きます】

【ブルーライトカットできるのがいい。NOVAに変えてから目が疲れない】

ファーウェイ独自のEMUIは誰でも使いやすく、細かな利便性にも配慮されています。ファーウェイユーザーはこの点を高評価する方も多く、優秀な端末との組合せでストレスのない操作性が大きなメリットとなっています。

画面表示も発色が良く、特に指紋認証の精度には定評があります。

<カメラ機能に関するレビュー>

【liteも持ってますがカメラ性能は明らかにこちらが上。コントラストがクッキリ】

【画素数こそ少なめですが、オートフォーカスの性能が優秀と感じます】

【iphoneに比べると写真が暗め。夜間の撮影がちょっと厳しい】

【カメラは普通に撮る分なら必要十分です。特に天気の良い日は綺麗に撮れます】

【敢えて欠点を言えば、手振れ補正がないのが残念】

【カメラアプリが秀逸。ビューティーモードのメイクアップが自然でキレイ】

HUAWEI novaのカメラ機能については、賛否両論あるようですが、少なくともNOVA liteよりも高性能なカメラが搭載され、他社の同価格帯スマホと比べてもそん色ないレベルと言えるでしょう。

自撮りに効果的なビューティーモードの評価も高い印象です。カメラの性能は端末価格に大きく左右されるので、欲を言えばキリがありません。どの辺で妥協するか、お値段との折り合いが重要かもしれませんね。

<通話・音質に関するレビュー>

【通話はあまり使用しませんが、音量音質ともに特別問題ありません】

【スピーカーの音質はいたって普通。可もなく不可もなく】

【イヤホン装着なら音質はまったく問題なし】

【通話は途切れたり聞こえにくさもなく快適】

HUAWEI novaの通話音質は特に問題なさそうです。スピーカー性能は特別音質にこだわった製品ではないので、普通レベルと考えておけば間違いありません。

<バッテリー・その他に関するレビュー>

【バッテリーが長持ちでびっくり。通勤時と昼休みに使って夜まで余裕で持つ】

【発熱も少なく評判通りの省電力。通常使用なら2日近く使えます】

【大画面スマホ主流の中、このサイズでDSDS対応のSIMフリー端末ならNOVA一択】

【性能・機能ともに私には十二分で文句なし。おサイフケータイがあれば完璧】

【充電が早い!操作性も良し!動作はサクッと!価格も手頃で非常に満足】

【とにかくデザインが気に入って購入。HUAWEI端末は安っぽくないから良い】

【手が小さいですが4.7インチのSEでは小さすぎ。。NOVAは理想的なサイズ】

HUAWEI novaレビューまとめ・総括

総合的にHUAWEI novaのレビューを判断すると、一番の良さは、外観・機能・スペックすべてにおいて無駄がなく、バランス良いことが挙げられそうです。

これだけのスペックと必要十分な機能を備えながら、3万円台の価格で買える機種はなかなかありません。

iphone・Galaxy・Xperiaといった超ハイスペックスマホは確かに高機能ですが、実際に持ってみると、ほとんど使用しないムダな機能が多いのも事実ではないでしょうか?

HUAWEI novaは、そんなムダを省きつつ、普段使いに必要な機能・スペック・価格のバランスを兼ね備えた、貴重なスマートフォンの一つと言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)